妊娠中に選ぶべきサプリと摂り方

足りない栄養を補うために

どんな栄養が足りていないのか

栄養が不足すると、赤ちゃんの発育に影響を与えます。 元気で健康な赤ちゃんを産むためには、妊娠中にしっかり栄養を摂取することが重要だと思ってください。 しかし妊娠中はかなり多くの栄養が必要になるので、食事だけで補うのは大変です。 そこで、サプリを使ってください。

特に妊娠中に不足しやすい

誰でも聞いたことがある、鉄やカルシウムといった栄養も妊娠中に欠かせません。 足りないと赤ちゃんが大きく成長しないことはもちろんですし、母親の身体が栄養不足になって、病気を発症する危険性があります。 母子ともに健康に過ごすため、しっかり栄養を摂取してください。

葉酸やDHAを摂取する

妊娠中は、葉酸という成分が不足しやすいです。
葉酸があることで赤ちゃんの神経管や脳が作られ、先天性の病気になることを避けられます。
たくさんの葉酸を食事だけで摂取するのは難しいので、遠慮しないでサプリを使ってください。
また赤ちゃんの脳を育てるために、DHAを摂取しましょう。
DHAは妊娠中だけでなく、赤ちゃんを出産して母乳を与えている時期にも摂取するのがおすすめです。
すると母乳を通して赤ちゃんにDHAを与えられるので、賢い子供になることを期待できます。

お腹の中の赤ちゃんに、酸素や栄養素を送るためにヘモグロビンという存在が必要です。
体内でヘモグロビンを生み出すためには、鉄分が必要だと覚えてください。
鉄分が不足すると、鉄欠乏症という病気に陥ります。
すると赤ちゃんが大きく育たないので、欠かさず摂取しましょう。
さらにカルシウムも、妊娠中に欠かせない栄養です。
妊娠中は、赤ちゃんを優先して様々な栄養が使われます。
ですからカルシウムが足りないと、赤ちゃんの骨や歯を形成するのに全て使ってしまい、母体の骨密度が低下する危険性があります。

サプリは、毎日摂取し続けることで効果を発揮できます。
時々飲むだけでは足りないと覚えておきましょう。
そしてサプリは、たくさん摂取しても栄養を補給できるわけではありません。
むしろ過剰摂取をすると、身体に悪影響を与えてしまいます。
パッケージに書かれている既定の量を守りながら、サプリを使いましょう。

続けなければ意味がない

時々サプリを摂取しても、効果を発揮できません。 ですから、毎日続けることを意識しましょう。 さらに過剰摂取は、絶対にしないでください。 身体に良い栄養でも、過剰摂取すると悪影響を与える危険性があります。 既定の量を守れば、効果を発揮できるので安心してください。