足りない栄養を補うために

特に妊娠中に不足しやすい

ヘモグロビンを作り出すために

母親の身体にヘモグロビンがあることで、赤ちゃんに酸素や栄養を送ることができています。
このヘモグロビンが不足すると正しく栄養が行き渡らなくなり、赤ちゃんが大きく育ちません。
早産や、未熟児になってしまう危険性があります。
しっかりと母親の胎内でヘモグロビンを作れるように、鉄分を摂取してください。
特に赤ちゃんが大きくなっていく、妊娠中期から積極的に摂取するのがおすすめです。

また鉄分が足りないと、母親が貧血になります。
貧血になると急に倒れて、赤ちゃんに危険が及ぶので気を付けてください。
妊娠中は定期的に病院で検診を受けると思いますが、その時に貧血気味だと言われたら用心しましょう。
医師にも、おすすめのサプリを聞くのが良い方法です。

歯や骨を形成する

カルシウムは、歯や骨を作るために欠かせない栄養です。
妊娠中は、母親の身体よりも赤ちゃんの身体を作ることを優先しています。
ですからカルシウムが足りていないと、母親に使える分がなくなってします。
すると母親の骨がもろくなって、骨粗しょう症になる危険性があるので気を付けてください。
赤ちゃんも母親も骨を丈夫に維持できるように、カルシウムが必要です。

鉄分やカルシウムは、たくさんのサプリが販売されているので買いに行くと迷うかもしれませんね。
事前に人気を調べたり、評判を聞いたりしてから判断するのが良い方法です。
多くの人が購入して、さらに効果を発揮できたと言っているなら問題ありません。
安心して、摂取できると思います。


この記事をシェアする